優登日の箱の中

やさしいことばをあつめて、箱の中に入れるようにして大切に届けられたら良いです。

あつまれ笑顔


明るすぎる光

汗の粒

氷が溶けてく


元気をもらったから

わたしも

何かお返しを


えらんでみた

あまり着ていないシャツ

ワクワクは

片付けて忘れていたのか

あわてて

取り出した


笑い方も

変わっていたよ


このままかな

もとどおりかな

迷うところ


涼しく笑ってみた

やはり足りない感じ


もっともっと

笑おうか

あつい夏に似合う笑い声

みんなで笑えたら

あつまれ笑顔

おもいきりうれしいを





大切なことを

忘れないように

しなくちゃ


最初は

できるか不安だったよ

今は

できると信じている


軽い言葉は

ふわふわして

重い言葉は

どっしりして

好きとか

嫌いとかじゃなくて

選ばれていくのかも


大切にできることが

増えていく喜びを

感じている


弱さを受け入れて

強さに憧れて続けて

いこうと思うんだ


優しい世界を

みせてくれたなら

とっておきの笑顔

返してしまいそう


おもいきり

うれしいを伝えたい

あつすぎて




夢の中でも

あつかった


あつくなりすぎて

すこしひやさなきゃ


お日様は

強いから


わかっていた

つもりだけれど

近すぎたのかな


あつさはかなり

続いて

やっと

ふつうに戻れたら


まっていた

涼しい優しい風


あつすぎたの

もう越えないように

あつさをとりいれていこう


アイスコーヒーの

注がれる音で

元気がもどってきた


カランコロンの氷

やっと

つめたいもの

飲みたくなった