優登日の箱の中

やさしいことばをあつめて、箱の中に入れるようにして大切に届けられたら良いです。

あたためる日

言葉で区切られ

立ち止まる


はっきりして

よかったのだ


気持ちは

わかっていないままだけど 


先に進んで

理由などより

新しい意味を見つけたい


そろえなおした辞書と勇気を

かかえて

春告げ鳥の鳴く朝から

出発


澄んだ空気を

あたためる光に

希望が見えた












 

一生懸命


ひとりだと

あきらめていると

近くに

愛がやってくる


うれしくて

笑顔になると

またひとりで

がんばる道ができる


ひとりなような

ひとりじゃないような


よくわからない毎日は

弱くて強くて

不安定


バランスをとりながら

うまく生きる


ひとりなときも

いっしょなときも

大切なのは

自分らしさかな


迷わないでいたいから

遠くより

近くの景色

楽しむつもり


わたしには

わたしの一生懸命がある





 

押し花


古い日記に

ビオラの押し花を

見つけた


かわいく咲いたから

手紙と一緒に

届けたかったのだね


手紙をもう一度

書くことが

できなかったよ



今の気持ちも

押し花だ


色あせた花は

すこし小さくなっても

ずっと咲いている


みずみずしさは

ないけれど

確かに

咲いたことを

刻んでいる


もう一度

香ってくれないかと

眺めた後


笑って

ページをめくった