優登日の箱の中

強く優しく生きられる道を探していきたいです。

懐かしい音

夏色の夢

追いかけて

つまずいて

涙した日


悲しみを

乗り越えて

見えた青空


清々しさに

胸がふるえた


知りたくは

なかった本当

消えない傷

すこしの薬


引き換えにやってきた

いびつな形の

しあわせ


愛しくて

たいせつにするよ


あつい夏のかけら

つなぎあわせて

みたくなる


時とともに

やさしくなる声

夏の歌

リクエスト

懐かしい音


白さがつまった素朴

無理をしたのかな

やっぱり

休むことになり

落ち込む


ほどよいせみしぐれ

聞きながら

南風でふくらむ

カーテンをながめていた


思うようにでは

ないけれど

できるだけで

夏をきれいな色に

したいよ

力を込めて外へ


強いわたしは

続かなくて

大きなものに

守られて

このまま素直に


タカサゴユリの季節

今年も

白さがつまった素朴

よく咲いたね

忘れないよ


山のなかの神社

晴れの空を

出発して

曇りの空

雨の空を抜けて


山のなかの神社

みたことがない

青空

水色のなか

大きな白い雲がわきあがり

うれしくなる


古い汚れた心

まだ残っていたよ

はやく

きれいになれますように


わだかまりが

とけないまま

解決していく



今年の夏の色

やきつけて

忘れたくない一日

喜びの約束