優登日の箱の中

強く優しく生きられる道を探していきたいです。

清々しい気持ち

母がいない

初めてのお盆


悲しみより

今は

寂しさ


ずっと

仲良しで

いたかったよ


お墓参りの日

早朝にでかけて

懐かしい顔


あつい信仰

母の思い

そして

父とご先祖様の思い


未熟さも

年を重ね

克服できたらと


いただいたもの

おしえられたこと

大切に

忘れず

あつさのなか

清々しい気持ち


後から続く道

良いところに

ひかりをあてて


そうではないところ

学び終えたら

そっとしておく


みんな

生きなくちゃだから

いろいろ

あるのだし


幸せを

よくばりすぎず

仲直り

いっしょにね


強すぎたから

やさしさを

大事にして

やり直し


生きた道

あとから続いて

悲しみを知り

喜びへと

変えていく決意


よくなる動き

すこしの弱気

吹き飛ばして


とにかく

前へ

一歩でも

前へ


あつい世界

照りつける太陽

わたしは元気だと

言い聞かせて

あつさに挑戦


結果は

聞かないで


それより

行動したのが

うれしくて


ここに

止まっていないで

よくなる動き

続けよう