優登日の箱の中

やさしいことばをあつめて、箱の中に入れるようにして大切に届けられたら良いです。

仲良く



大切なことに

気付けないで

遠回りした


近道にしていたら

こんなにも

苦しまずいたかな


分からず屋だから

仕方なかったね


いろいろを

乗り越えて

やわらかくなる


まっすぐで

ひたむきな瞳が

なつかしいよ


お腹のおおきな

土かえるさん

かわいかったな


子猫の

一生懸命に

なみだする


何気ない幸せに

感謝

仲良くして

おだやかに

鏡の私



鏡を

疑っていた


ほんとうは

違うかも


うつるものに

安心できず

不安だった


どこからきて

なにをするのか

わからなかった


幼い頃

よく泣いていた


不安に鈍くなり

少し自由になった


でもずっと

探しているものがある


わからないから

考えるのかも

試してみるのかも


よくなる道をえらびながら

鏡の私

不思議にみてる

麦の音



麦を刈る音が

している


ゆったりの音

わたしには

やさしく

響いている


鳥たちが

たくさん

集まってきている


みたことないよ

なんていう名前だろう


いろいろな

鳴き声もいっぱいで

にぎやか


梅雨をわすれるぐらい

すがすがしく晴れている


空がまぶしすぎるよ

きれいだよ


悩みが

吸い込まれていく


気持ちすっきり

心地よい風が

良い便り

つれてくる


休みながらでも

あきらめないで

進めていようかな