優登日の箱の中

やさしいことばをあつめて、箱の中に入れるようにして大切に届けられたら良いです。

水田にひかり

風で波打つ水田

二毛作で

田植えはもうすぐ


水が広がる景色に

ときめいて


空のひかりと

もうひとつ

水のなかのひかり

朝の静けさ

梅雨の空


快活な朝

うれしい便り

わたしの今日の

力になる


ゆっくりに

なってしまったけど

なんとか

今日の一歩


すすめられて

よかった


明日も朝のひかり

祈りながら

毎日希望を胸に


幸せのたね

嫌な感情に

過敏に反応して

広げるより


そのままで

少しずつでも

距離が置けたなら


苦しんだ時間は

もう過去


なぜか

知らぬ間に

克服できた日


これからも

進化を

続けたいと

願う


出会うことの意味

考えても

わからないけど


なにか

幸せのたねに

なれたなら

それはよかったのだね


与えられたところで

しあわせ

探しながら

しあわせ

広げながら

生きてみたい


本の扉

バス停を降りて

すぐにある

商店街の本屋さん


中学生のとき

毎週出掛けていた


時間があると

本をいつまでもながめて


お小遣いで

手に届く

好きな本を買って出た


自分の好きな本を

聞かれて

なぜか

言えなかった


ちいさな気持ちに

あふれてた思い

自信がもてなくて

ふるえていた


自慢など

する必要

なかったのだよ


また本を好きに

なりたい


わたしが

すきなら

好きになれるなら

それでよいから


ゆっくりでも

むきあってみたい


閉じていた扉

やっと

あけられて

まぶしい光

わたしの喜び