優登日の箱の中

強く優しく生きられる道を探していきたいです。

清々しい空気を


ひとつのことに

こだわりすぎた朝

無駄な時間ばかりで

いやになる


蒸し暑さが

じわじわと

不調をつれてきて


きっぱり

次に進むきっかけと

なるなんて

苦笑いだ


新しい考えが

わいてきて

違ったところで

救われる


おもくかんじる空気

はね飛ばして

すこしずつ

復活していく


夏の終わり

決勝甲子園をと


青春の汗

勝負は辛いけど

若き力は

どうしても

清々しくて

こころ洗われる