優登日の箱の中

強く優しく生きられる道を探していきたいです。

雨上がりの山茶花

冷たい雨を

雨宿りして

眺めていた


すぐ止むのだと

思っていた


ぬれて帰ろうかと

したとき


母の顔が浮かんで

とどまった

やさしい笑顔


すこし待つと

雨があがった


しっとりした

山茶花

わたしも

すこし涙


母へ

もらったもの

いつまでも

大切にするから