優登日の箱の中

強く優しく生きられる道を探していきたいです。

特別な君


初夏の風が

通り抜ける

体育館


まぶしい君は

やさしく

笑っていた


おだやかな声は

すこしも

こわくはなくて


人見知りを

忘れて

夢中に話した


あれから

時がどんなに

ながれても


変えられない

気持ちがある


特別な君

いつまでも

よいところ

わかりあっていよう