優登日の箱の中

やさしいことばをあつめて、箱の中に入れるようにして大切に届けられたら良いです。

鏡の私



鏡を

疑っていた


ほんとうは

違うかも


うつるものに

安心できず

不安だった


どこからきて

なにをするのか

わからなかった


幼い頃

よく泣いていた


不安に鈍くなり

少し自由になった


でもずっと

探しているものがある


わからないから

考えるのかも

試してみるのかも


よくなる道をえらびながら

鏡の私

不思議にみてる