優登日の箱の中

やさしいことばをあつめて、箱の中に入れるようにして大切に届けられたら良いです。

お気に入りの絵



田舎のバス停

待つのは

あたりまえ

気長に


ぼんやり

考え事

ここまで

こられただけで

満足して


君が見た景色

同じが

一つ増えた


好きな夏に

したかったんだ


黄金色な光

あたらしさは

ひとつもみつからない


なつかしさに

つつまれて

蝉がじんわりとなく


暑さをさます風が少し

立ち上がって

もう一度

360°ながめた


遠くに人影

バスの時間が近い


思いをカバンに

しまい込んで

こころの深くに

一ページ

お気に入りの絵

またひとつ