優登日の箱の中

やさしいことばをあつめて、箱の中に入れるようにして大切に届けられたら良いです。

再会



また君に会えるなんて

夢にも思って

いなかった


うれしいのと

おどろいたのが

まざっている気持ち


心臓がトクトク

あたたかい


さわやかに暑いから

風もちょうどよいから

素敵な奇跡

やってきたのかな  


あのとき見つけたものは

もうはなさないでいて

胸の奥に

しまったんだよ


また取り出してしまおう

アイスコーヒーで

乾杯しよう


にぎやかになる地

見えたものに

名前を付けて

意味を考えて

これからは


また必ず

会おう



一呼吸



家の中に

風が通るの

うれしくなる


半袖から長い腕

さっぱり束ねた髪

光が変わった部屋

カランコロンのコーヒー


輝く緑を

窓から眺めてる


新しい色

すがすがしいよ  


限界に挑戦して

苦しんでいた


少し手前で

休んでみて

余裕ができた


これからは

苦しすぎないよう

選んでみよう


進歩のため

学びのため

気を引き締めて


もえるピンクに

わくわくしながら

希望の空を

見上げたよ


私なりにだけど

がんばってみよう


気持ちは新しく


地味だけど

静かなひかり


こころに

いつまでも

響く音


言葉はまわりながら

あたらしいを

作っていく


やさしいね

ゆたかだね

ここにいよう


選んだ場所

いくつもの

トンネルを抜けてきた


ゆっくりして

どっしりして

安心だよ


何度始めても

みたことあるね

笑い声

取り戻して

気持ちは新しく